読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アヤチノオト

覚書のこと

フィボナッチ数列を鳴らしてみた

タイトルの通り。HaskellのHaskoreを使って、フィボナッチ数列の各項を15で割った余りをそれぞれド~ドまでの2オクターブの音に割り当てて鳴らしてみました。
フィボナッチ数列の音(Cメジャースケール)

以下、自分でやってみたい人のための補足情報。

Haskellのダウンロード&インストール

HaskellHaskell Platformがインストールも簡単でおすすめです。
そもそもHaskellって何って人はHaskell のお勉強か、英語が出来るならLearn You a Haskell for Great Good!(なんて意味不明なタイトル!)を読むといいかと。

Haskoreのインストール

Haskoreをみながらインストール。
さくさく。

なんか鳴らしてみる

haskore-guideにドキュメント、サンプルMIDIファイル、サンプルコードと超充実した内容の入門ガイドがあるのでコレを見ながらサンプルコードを改造してくと色々遊べます。